こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

闇金の取り立ての方法や手口や対応策や専門の弁護士

闇金の取り立ての方法や手口や対応策や専門の弁護士

闇金の取立ては、他の金融会社の取立てと違い返済ができないと「嫌がらせ」や「しつこい電話」を、何度も繰り返すことをして強く返済を迫ります。

また、本人以外の家族や会社まで連絡をして返済を迫りますので、たとえ保証人になっていなくても本人の代わりだといって返済を迫ります。

闇金は法律で定められたことを守らない違法業者です。

決して1人だけで解決することは考えず「闇金専門の弁護士」に相談して法律的に解決するようにしてください。

>>とりあえず闇金専門の弁護士に無料相談するならこちら

1.闇金の取り立て方法の実態について

闇金の取り立て方法の実態について

闇金の取立ては、借り入れた本人が「最も嫌がる行為」をして返済を迫ることが多い業者です。

当然、返済日を過ぎて返済がない時は、すぐ本人に連絡がきますが連絡を返さなかったりすると、その日を境にして家族や会社に必要以上の連絡をして返済を迫ります。

本人が嫌がる行為といえば、第三者である「会社」や「両親・親せき・家族」などの人たちに連絡されて返済を迫られることです。

借り入れた本人が返済に応じない限り、周りの人への連絡を何度でも繰り返すので、返済が遅れるとどうなるか闇金業者はそのような「嫌がらせ」を見せて精神的な圧迫を与えて恐怖を覚えさせていくようです。

こうすることで本人に「返済しないとどうなるか」をわからせようとします。

電話での取立てが主にすることですが、督促状などで差押え予告状などと偽り、「まるで裁判所が認めたかのような予告通知」を出して返済を迫るなど、いろいろな手法を使い相手を追い詰める場合もあるようです。
(闇金から借りた金額により異なるようですが・・)

2.闇金の取り立ての時間や期間について

闇金の取り立ての時間や期間について

闇金の取立てに曜日や時間は関係などありませんから、一度かかって来ると鳴りやまないことが多いそうです。

特によく連絡が入るのは、借り入れた本人の会社への電話やFAXが毎日のように送られて返済を迫るようです。

取立ての期間も1ヶ月間が最も多い取立てだといいますが取立てを諦めることはないです。

連絡が減ったとしても新たな取り立ての手段を必ずしてきますから、そのような状態に陥る前に必ず「闇金専門の弁護士」に早く相談してください。

>>とりあえず闇金専門の弁護士に無料相談するならこちら

3.闇金の取り立てで会社や職場に来て給料から差し引かれることはある?

闇金の取り立てで会社や職場に来て給料から差し引かれることはある?

闇金が給与を差し押さえる手段があります。

裁判所に申し出て督促状を出してくることがあります。

詐欺の一つで「身に覚えなない架空請求」でよく使われる手口ですが、闇金はその手口で給与を差し押さえようとする場合もあるようです。

○「身に覚えのない」裁判所からの支払い命令は放置してはいけません

架空請求によくあることが、「身に覚えのない請求」で裁判所から支払い命令が届けられた時は、
必ず同封してある「異議申し立て」に記入して、必ず期限内に返送してください。

そうしないと、架空請求であっても差押えの権利が発生して給与を差し押さえられて支払わなければならなくなります。

不道理なことですが、これが正当化されてしまう方法を使って取ることを詐欺師は使って金を取ろうとします。

しかし、「異議申し立て」を返送することで裁判になると違法であることが「バレ」てしまいます。

そのため異議申し立てをすると仮に裁判になっても闇金や詐欺師は出廷することはありません。

★このような請求が来た場合も、自分で行う前に「闇金専門の弁護士」に相談するようにしてください。

昔、闇金が取立てを行う時に、会社に来て借り入れた本人の給与を差し引いて返済させるようなことを言う場合もあったようです。

しかし、会社側も差押え通知書を受け取らない限り給与から差し引くことはしませんので警察へ通報されると困ることになりますから、今は闇金もそこまでのリスクを背負っての取立てはしないでしょう。

★今の法律では、会社に訪問することも違法行為として罰せられます。

4.闇金の取り立てで近所に迷惑がかかる?

闇金の取り立てで近所に迷惑がかかる?

闇金が取立てに来ると迷惑になることをする場合があります。

近所から警察に通報されたりすると面倒なので大声を出すことをするのは、今はほとんどしないようですが対応しない場合は「玄関のドアを何度も叩く」「玄関のベルを何度も鳴らす」などの行為はするようです。

そうすることがあれば玄関は空けずに警察へ通報して、その行為をメモや録音するなど証拠を残しておくことが大切です。
(無視をして警察がくるのを待つと良いでしょう)

ドアを開けてしまうと上がり込んできたりそこから帰らなかったりします。

(当然、警察は関与できますので不法侵入として逮捕されますが、危険を伴う場合もありますので決してドアは開けないことです)

5.女性に対する闇金の取り立てについて

女性に対する闇金の取り立てについて

女性に対しても取立ては変わりなくするようです。

借り入れた人が女性の場合「今、仕事がないので返済できない」などと言うと、「返済できなければ仕事を紹介させて頂きます」と丁寧な言葉で誘い風俗で働かせる行為をすることはあるそうです。

また女性が精神的におかしくなれば、精神科の医者に受診させ診断書を発行させて生活保護を受給させる行為を手引きして、そこから返済させるようなこともしていたようです。
(しかし、これで捕まった闇金もいるので「バレ」てしまう危険性が高いのであまりしないようです)

男女共に取立てをするにも、声を荒げるばかりはしないのが今の闇金の特徴のようですから、相手を見ながら徐々に「精神的に追い込んでいく」方が多いようです。

6.兄弟や親などの家族に闇金の取り立ては来る?

兄弟や親などの家族に闇金の取り立ては来る?

闇金の取立ては、親兄弟・親戚であっても住所を聞き出して返済をするように迫ります。

兄弟・姉妹でも同じことで、借り入れた本人が一番精神的にダメージになる人の所へ行き返済を迫る行為をします。

昔も今も闇金からお金を借りると、借り入れた本人を精神的に追い込んで恐怖を感じさせ、
借金から抜け出せないようにすることをして永遠に利息を取り続けるのが闇金の手法です。

7.闇金の取り立てへの対処方法について

闇金の取り立てへの対処方法について

闇金の対策方法は、必ず「闇金対策に詳しい専門の弁護士」に相談することが大切です。

そして闇金がしてきた行為などの証拠を残すことが大切です。

★証拠となるもの(取り立ての会話はかなり有効です)

  1. 「取立ての会話を録音する」
  2. 「証拠となる書類」
  3. 「取立てに来た日の行動・日時をメモ書きする」
  4. 「嫌がらせの電話の内容」

など残しておくことが必要です。

☆弁護士に相談したら、その後にしておくこと

  • 預金口座の解約
  • 電話番号の変更(自宅・携帯)

上記の2点は、闇金に知られていますので必ず変更しておく必要があります。
(口座番号などを伝えていなくても、念のため新しい別の銀行口座を開設する用心は必要です)

8.闇金の取り立てを止めるには弁護士が一番

闇金の取り立てを止めるには弁護士が一番

闇金の取立てを止めさせるには、「闇金事情に詳しい弁護士」を探して相談する方が早い解決になります。

闇金の相談は、ただ弁護士に相談すれば良いと思っている人は注意してください。

◎弁護士の相談をするには、それぞれの案件に詳しい弁護士に相談することが必要です。

  • 闇金対策に詳しい弁護士
  • DV・虐待に詳しい弁護士
  • 債務整理に詳しい弁護士
  • 違法建築物に詳しい弁護士
  • 遺産相続に詳しい弁護士
  • 詐欺に詳しい弁護士
  • 民事事件に詳しい弁護士(生活に関するトラブル)
  • 刑事事件に詳しい弁護士

など、他にも専門的に詳しい弁護士がいます。

上記のように専門的に詳しい弁護士が必ずいます。

相談する内容に詳しい弁護士を探すことから始めると一層早い解決が期待できます。

◎闇金の相談は闇金に詳しい弁護士探しから

闇金で相談できる弁護士もいれば相談ができない弁護士もいますので、闇金問題に詳しくて経験・実績がある弁護士を探して依頼することが必要ですし心強いことになります。

闇金の相談は弁護士の選択から始めるようにしてください

闇金に詳しい弁護士は、闇金の名前を知っている場合も多く弁護士の電話連絡だけで解決することもあるようです。

また、返済にも応じる闇金もいますし、弁護士の連絡以降に姿を消す闇金も多くいます。

闇金に返済を求める場合は銀行の振り込みだけで返済している人は、闇金の所在を知ることから始めていきますから、うまく対応しないと逃げられることもあるようです。

警察と連携して闇金を取り締ることもしますので、相談したら弁護士の指示に従って行動してください。

闇金に詳しい弁護士の相談は、24時間いつでも受け付けています。

弁護士に相談する時は、「闇金には言わない」で相談に行くようにしてください。

>>とりあえず闇金専門の弁護士に無料相談するならこちら

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す