こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

多重債務の対策や返済方法は?一本化?債務整理?

多重債務の対策や返済方法は?一本化?債務整理?

多重債務から抜け出す一番早い方法があれば苦労はしませんが、抜け出す方法で一番考えることは、「毎月の返済ができそうもないもの」がどれだけあるのか状態によって方法も変わります。

今、返済ができていない状態であれば債務整理をすぐに考えなければなりません。

家族を例に出しますと返済がギリギリできている場合は、家族構成(子供が就学している年齢)と返済金額を考えてみることから始めていくと、公的な補助金制度などを利用することで早く見つかることもあります。

お子さんがおられる家庭では、今後お子さんの就学問題も含めたうえで検討することが大切です。

1.多重債務を「おまとめローン」で一本化する

多重債務を「おまとめローン」で一本化する

◎まずは返済シートの作成をしてみましょう。

○借り入れた金融機関や債務金額を表にしてみます

  • 債務総額がいくらあるか
  • 何社からいくら借り入れているか
  • 借り入れた金融機関はどのようなところか
  • それぞれの契約した時の利息は何%であったか

を出してみます。

上記の明細がでれば、利息の高い順に並べ替えます。

それが出れば「おまとめローン」との比較に移ります。

多重債務を整理する「おまとめローン」で一本化する場合もそうです。

利息の高い借入先から順番に整理してみましょう。

「おまとめローン」の審査は厳しいこともありますが、全てをまとめた時の返済金額と利息が高いものだけを集めて、返済金額をシミュレーションして比べてみることが大切です。

○現在返済ができていて「おまとめローン」を考えている場合

ここでは「おまとめローン」について触れることにします。

☆「おまとめローン」の目的は、利息が高い借り入れをしているものを一つにすることです。

  • 利息の高い借り入れの合計と新たな借り入れで返済金額を比較する
  • 全ての借り入れの合計と新たな借り入れの返済金額を比較する

これで返済金額をシミュレーションします。

借入期間はどうしても長くなってしまいますが、返済金額は安くなって収入とのバランスが保てる状態であればOKです。

最後に残る問題は「おまとめローン」をする金融機関の選択と審査になります。

過去に滞納状況がなければ、ネット銀行系の「おまとめローン」は利息が安いのでお勧めです。
(ネット銀行は金利も安く一番人気があり審査に通りやすいようですが審査基準に問題が出る場合もあります)

出来るだけ利息の安い金融機関を選択して一本化したいので銀行系は良いでしょう。

銀行系に通らなかった場合、信販系・ファイナンス系もありますのでそちらを考えてみても良いでしょう。

消費者金融系もありますが利息の違いがあるのでよく比較しておくことが大切です。

◎お子さんの成長に合わせた教育ローンも

お子さんの就学年齢が、現在小学生・中学生・高校生などの違いで変わることもあります。

学年が上がるにつれて「学費の問題」「部活動の問題」「塾の問題」などが増えていきます。

収入が一定ですと出費が重なって生活を圧迫していきますので、成長に合わせた教育ローンやおまとめローンなどを考えて計画しておかなければいけません。

○「おまとめローン」の審査に通らなかった場合

★返済が苦しくて債務整理をする場合

ひとまとめにできなかった借金は、債務整理をして返済金額を減額し3~5年を目途に返済計画を出します。
(基本は3年返済です)

もし「おまとめローン」などをして一本化の審査が通らなければ、任意整理をして金利が高い金融会社を債務整理して返済する方法もあります。

2.多重債務について弁護士に債務整理の相談をする

多重債務について弁護士に債務整理の相談をする

弁護士に債務整理の相談をすると確かに確実に早く終わります。

弁護士に相談される場合は、債務の合計金額と「おまとめローン」の審査が通らなかったことを伝えて債務整理の方法を相談するようにしましょう。

どの債務整理が良いのか、現在の収入から債務整理方法を選択してもらえます。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみる

3.任意整理による多重債務の返済方法

任意整理による多重債務の返済方法

○任意整理のメリットは、整理したいものだけを選択できることが特徴です。

任意整理は選択することができる債務整理ですので、整理するものを選択した分だけ依頼することができます。

  • 携帯の分割が残っている場合:現状のまま残す
  • カードローンが残っている場合:現状のまま残す
  • 消費者金融のキャッシング:選択して債務整理をする

上記のように選択することで債務整理をできるだけ少なくする方法も取ることができます。

消費者金融の分だけ選択して債務整理をすれば、その返済金額は安くなるでしょうから返済が楽になるでしょう。

4.多重債務で過払いがある可能性も

多重債務で過払いがある可能性も

多重債務者にも過払い金が発生している人はいるかもしれませんので、債務整理をする前に調べてもらう必要があります。

過払い金があれば、現在の残金から引くこともできますし、返還することもできるでしょう。

過払い金請求も交渉になりますので、100%戻ることは難しいですが70~80%の確率で返還できるところもあります。

しかし、「資力がない・倒産している場合」など返還が難しい金融会社もあります。

5.個人再生による多重債務の返済方法

個人再生による多重債務の返済方法

個人民事再生は、住宅ローン以外の全てのローンを整理することができるのが特徴です。

住宅ローンを組んでいる人であれば個人民事再生をした方が良いかもしれません。

住宅ローンがない場合でもできますが返済期間は原則3年で計算しますので、それにあてはまれば返済金額は大幅にカットされますので返済が楽になります。

但し、裁判所を通す整理方法になりますので任意整理のように早く解決することができません。

出来るだけ任意整理で弁護士も考えますので、裁判所を通さない手続きは弁護士の和解交渉も早く進みます。

6.自己破産による多重債務の整理方法

自己破産による多重債務の整理方法

自己破産による債務整理をする条件は、返済金額が収入よりも大きく生活に支障が出ている状態が長く続いている場合や「収入がない・見込みがない」時など返済能力がないと認められなくてはいけません。

「任意整理」「個人民事再生」の返済計画を考えても返済見込みが立たない状態の時に申告しますので、このような状態でなければ自己破産はできません。

もし、そうであれば破産宣告をして破産が認められたら免責申告を出し、同時廃止にすれば裁判所から自己破産の決定がでるでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で借金問題に強い弁護士に相談してみる

7.多重債務でも夜逃げはよくない

多重債務でも夜逃げはよくない

多重債務でも一番してはいけないものが夜逃げになります。

夜逃げをすると多重債務の整理がつかないので、そのまま債務が残ってしまいます。

今の法律では債務整理をするとほとんどが認められています。

夜逃げをするくらいなら自己破産をして生活保護の受給を得ながら、今後の人生設計を立て直していくことを考えて下さい。

そうした方が生きていく上でも必ず未来が早く見えてきます。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す