こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

多重債務の原因や理由は?なぜ総量規制でも多額の借金?

多重債務の原因や理由は?なぜ総量規制でも多額の借金?

多重債務に陥る主な理由や原因は母子家庭だけではなく「慢性的に家計のやり繰りがつかない家庭」や、「家族の介護・病気などで保険適用にならない支出」が原因ということもあります。

月々少額ずつ借り入れて家計をやり繰りしていたものが、やがて返済に目途が立たなくなり膨れ上がっていき、別のクレジットカードで返済に充てるようになることで多重債務になっていくことも少なくありません。

また、「浪費癖がある人」や「ギャンブル」によるものや会社などの、「倒産・リストラ・失業・事業不振による収入減」などが原因で起きることもあります。

何故「多重債務に陥ってしまうのか」という背景には様々な事情が重なり合うことが原因で起こることがあり、収入が返済に追いつかなくなる原因は浪費やギャンブルが全てではない事態で起こることがあるのです。

もし返済がきつい場合は、減らすことも可能なので、匿名・無料で使える借金減額診断ツールで一度調べてみるといいでしょう。

>>いくら借金が減るか匿名・無料で調べてみる

1.総量規制でも多重債務に陥ってしまう?

総量規制でも多重債務に陥ってしまう?

総量規制ができたことで改善された部分においては相当大きく成果も上がっているようですが、問題点も出てきています。

総量規制は、借入金額が年収の3分の1までに制限されています。

しかし、借入金の内容では「個人向けの貸し付けと保証」「法人向けの貸し付けと保証」がある中で、総量規制がかかるものは「個人向け貸し付け」だけになっています。

個人が事業用資金を借り入れたい場合は、「個人向け貸し付けに入る」のではなく、原則では総量規制の対象外になります。

総量規制の落とし穴であろうと思われるところに問題がないのかと言うことです。

総量規制には「除外」や「例外」となる貸し付けがそれぞれ用意されています。

「例外」は良いとして「除外される」ものに問題は本当にないのでしょうか?

◎「除外」とは:総量規制の対象にならないものです

  • 不動産の購入や改良
  • 自動車の購入
  • 高額医療費
  • 有価証券
  • 不動産担保
  • 不動産などの売却より返済できるもの、
  • 手形(融通手形を除く)の割引

など全てが「除外」とされています。

◎「例外」とは:年収の3分の1は超えていても「例外の要件にあてはまり」、その部分に対しての「返済能力を判断した上」で「追加貸し付けができるもの」が「例外」になります。

  • 顧客による断然に有利な借り換え
  • 緊急の医療費
  • 緊急性があると認められた費用の支払い
  • 配偶者と合わせた年収の3分の1以下
  • 個人事業者
  • 「つなぎ資金」に関わるもの

など、全ての貸し付けが「例外」としている要件になります。

では、年収の3分の1以上借り入れることができないのに、なぜ多重債務が起きてしまうのでしょうか。

◎総量規制の対象外が理由なのでは?

・有価証券
・車の購入に関するもの

は入らない除外されていること

・クレジットカードによるカードローン

も総量規制外になっている為です。

返済がきつい場合は、減らすことも可能なので、匿名・無料で使える借金減額診断ツールで一度調べてみるといいでしょう。

>>いくら借金が減るか匿名・無料で調べてみる

2.総量規制対象外が多重債務の大きな原因?

総量規制対象外が多重債務の大きな原因?

総量規制がかからないカードローンを組んでしまうと多重債務に陥ることが多いようです。

カードローンは対象外になっていますので、利用できるところはいくらでもあります。

カードローンは、利用可能額が大きく信用状態が良ければ500万円など、すぐに借り入れできてしまうので借金が膨らむ金額も大きくなります。

○借金の一本化

カードローンでも、銀行系・ネットバンク系・信販系・消費者金融系のそれぞれから借り入れることができます。

しかし、結局返済が苦しくなり「ひとまとめにして返済」しなければならなくなる場合もあります。

借金を一本化できれば、支払期間や利息など損をすることもありますがまだ良いほうです。

一本化できない人こそが多重債務化している現状があるので、この問題も解決できる対策をしなければ多重債務の問題は、まだ完結したことにならないのではないかと考えてしまいます。

しかし、総量規制があっても多重債務に陥ってしまうことがあるのは、上記の総量規制の対象外と実際には併用することができるので多重債務になることです。

キャッシングできるカードを作ったものが数枚あり、返済が出来なくなる時に一本化することを考えます。

一本化できることで数枚のキャッシングカードが使用できる状態になります。

このキャッシングを再び使用することで多重債務になるケースが多いことも事実です。

「個人の返済計画や管理と言うものが重要な問題」だというのはわかりますが、一本化した数社の「キャッシングできるカードは使えなくする」ことができれば、今よりも多重債務の人の数は減ると思われます。

3.多重債務の原因は予期しない家族の病気で介護するようになることやケガが原因の場合も

多重債務の原因は予期しない家族の病気で介護するようになることやケガが原因の場合も

家族の予期もしない病気で介護するようになることや大きなケガの入院で、保険の適用外などが原因で支出が大きくなることがあります。

病気やケガによる入院は家族にとって大変心配なことです。

各保険などでは保険適用外になる料金は個室などの病室にあります。

生命保険の掛け金にも大きく左右されることがありますが、1日の入院保障が保障金額を上回ると、どこからか用立てしなくてはならなくなる家庭も多いのです。

個室に入らないといけない状態に陥ると、生命保険でもとても1日の保障額で賄えないことが生じます。
(生命保険の加入金額にもよります)

それは手術後や免疫低下などで感染症を予防する為に個室に移動されることです。

個室に移動してから回復が遅くて一般病室へ移る期間が通常以上かかることがあります。

入院が続くのは仕方がないことですが、個室に入る日が2~6ヶ月と長く続いてくると、自己負担金額が大きくなり一時的に借りなくては支払いが出来ないことになります。

これが引き金となって、家計の圧迫が一層強まり一つのローンでは生活が成立しなくなって、カードローンに頼ることが多くなり多重債務に陥ることになった人もいるのです。

多重債務に陥るのは病気?

多重債務は病気というより「返済が必ずできる暗示みたいなもの」や「これをしながら返済方法を考えるしかない人」が、多重債務者には多いようです。
(中には依存症による病気の場合もあります)

返済ができないから次の所から借りて返済する「自転車操業の状態」ですので、収入が返済に追いつかないところに「ギャンブルや株・FX(為替)に走り一発逆転」を図る原因もあります。

借り入れた原因が何であれ、返済計画ができない借り入れをしてしまうことが問題です。

しかし、わかっていても借り入れては返済に充てて「いつか返せる返済方法」を無限に考え続けるのです。

一時的に家族に知られないように済まそうとすればするほど膨れ上がり、首が回らないようになるのは多重債務者が考えている「家族に迷惑・心配をかけさせない心理」が働くためでしょう。

早く返済するための「仕事」「ギャンブル」「儲けること」に余念がなく落ち着きがなくなってしまいます。

◎借金の相談をすることができないプライドも悪化する原因

多重債務に陥っている人が、もっと法律を知っていれば家族に心配をかけずに解決できることが多数あるのですが、どうしても踏み込む決心がつかないのです。

それは、「社会的地位」「ご近所の目」「身内や家族からの非難」「借金が知られてしまう恐怖」など、人一倍気にする人が多いために債務整理の相談ですら遅れてしまい、結果的に家族の離散・離婚になるケースも出てきてしまいます。

このような問題は、法律の専門家に現在の返済状況を見てもらうことで解決を図る必要があります。

「人に言えない・相談できない借金」であれば、なおさら法律の専門家へ相談することを強くお勧めします。

弁護士に相談するはさておき、匿名・無料で使える借金減額診断ツールを使えばいくら借金が減るか分かるので一度調べてみるといいでしょう。

>>いくら借金が減るか匿名・無料で調べてみる

4.旦那(嫁)が多重債務なら離婚した方がいい?

旦那(嫁)が多重債務なら離婚した方がいい?

多重債務は夫婦どちらか知られた時に「即決で離婚する場合」と「離婚しない場合」とあります。

離婚をする人の多くの理由は、借金が許せないこともありますが「隠し事が許せない」ことで離婚するケースがあります。

借金があることを夫婦のどちらかが全く知らず、金額が大きい場合などで離婚することが多いこともわかります。

しかし「夫婦なのに隠し事をされた」信頼関係が崩壊してしまい愛情を失ってしまい離婚に至る原因も多いようです。

離婚をしないケースで言えば、夫婦どちらかが薄々感じていた場合は意外としないことがあるようです。

何とか自分が解決しなければならないという態度や表情・後姿などが「借金は生活を補う為にしていたこと」で、理解している場合が多く、「無駄な浪費をしていないこと」が明確にわかっている時は離婚をしないようです。
(互いの思いやりが隠し事を見破ることができたのでしょうか)

夫婦互いの「理解度のなさ」や「隠し事」が離婚につながることが多いようですから、「多重債務の理由が何なのか」借金を知ることから夫婦で話し合いができれば良いことなのですが・・。

互いに理解ある話し合いができるような夫婦でいたいものですね。

5.連帯保証によって多重債務に陥る?

連帯保証によって多重債務に陥る?

友人や知人の連帯保証人になった人が債務整理をされたことにより、負債の全てが自分に移りその返済のために多重債務に陥ることもあるようです。
(安易に人柄だけの信用だけで連帯保証人になるのは「信用」に違いがあります)

自己破産をして債務移行されたことにより連帯保証人が債務者になり、それを返済するのに他から借り入れたことから多重債務に陥ることになった人の話になります。

「昔からの友人であるから信用して」「あの知人なら信用できるから」などで連帯保証人になった人の理由です。

「人の信用」と「連帯保証人の信用」をつなげて考えてはいけません。

「人の信用が無くなった」と考えた時に、自分が全て返済する覚悟がなければ連帯保証人はなってはいけません。

「心情」と「お金」は別物と考えることが必要です。

お金に関する相談があった時には、初めにきっぱりと言い切ることが大切な事です。
(返済できる金額など支障のないものは別として)

「知り合い」や「親友」「妻」であっても、返済することのできない連帯保証人は引き受けてはならないことです。

この連帯保証人という債務は、債務者が債務整理を行うと残金が残っている限り、連帯保証人であるあなたへ債務が移る可能性は100%と高いものですから、債務が移ると離れることはない恐ろしい威力を持っています。

◎例えば「父親が借金したまま亡くなってしまった」場合

父親が債務を残して亡くなった場合、息子は家庭裁判所に「相続の放棄」を申し入れたとします。

一般的には父親の全ての借金は「相続放棄により消滅」します。

しかし、その中に息子さんが連帯保証人をしている借金があると「相続放棄をしても債務が消えることがない」のです。

父親がなくなることで連帯保証人である息子さんへ債務が移行されて返済をしなければいけなくなるのです。

これほど連帯保証人という効力は生かされています。

ですから、友人・知人の破産により連帯保証人の怖さを知ることになった時には、連帯保証人が債務の全てを受けてしまう重大さは特に知っておいた方が良いでしょう。

6.家族が原因で多重債務に陥る?

家族が原因で多重債務に陥る?

家族が原因で多重債務になることもあります。

「親の借金を返済している子」や「子の借金を親が返済している」ところも多くいます。

原因の多くは、親の収入減・介護・病気・失業・子の就職難などが多く、これも収入と返済のバランスシートが崩れてしまい多重債務化に陥ることがあります。

近年では、経済的な余裕が持てない家族が多いことも確かに増えてきているようです。

7.会社の業績不振による失業・リストラで多重債務

会社の業績不振による失業・リストラで多重債務

事業の業績不振のため収入減になって借りる人、失業・リストラが原因で、生活を補うために家族に内緒で借りたことが原因になった人もいるようです。

このように多重債務化していく人のきっかけは色々ありますが、「返済計画が余裕を持ってできているかできていないか」で大きく変わります。

借り入れ計算が強い人は返済上手と言われているように、返済計画ができる人は借り入れも上手く流用することを考えているようです。

しかし、多重債務者の多くは余裕のない生活の中でうまく流用することを考える余裕もないのが現状のようです。

毎月ギリギリ切り詰めて生活をしている家庭は少なくありません。

急な支出や収入減に対応できなくなるとクレジットカードなどによる借り入れで生活を補って過ごすことが多いのも事実です。

多重債務になる可能性を秘めている家庭や単身者も含め想像以上に多いかもしれません。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す