こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

パチンコやFXやバイナリーオプションにはまり借金生活へ

パチンコやFXやバイナリーオプションにはまり借金生活へ

  • 【名前】徳永千幸
  • 【性別】男
  • 【年齢】24歳
  • 【職業】大工
  • 【住んでいる場所】京都府亀岡市
  • 【借金額】60万円
  • 【どこからお金を借りたか】新生銀行レイク、オリコカード
  • 【借金の理由】生活費

借金をしてしまった理由ときっかけ

元々、田舎で大工をしており、充分な生活費と収入はありました。

その当時であれば、雇われで、日給の単価が高い仕事に就こうと思い大工を選んで就職しているころでした。

20歳になってすぐに大工を始めたんですが、なにも職人を目指していたわけではなく、ただ給料が良い、昼の勤務のみで良いという自己的な理想だけで就職しました。

その当時はお金に困っているわけではありませんでしたが、だんだん欲が湧いてくるようになります。

社会にでると、週末には飲み会、休日には遊びほうけるといった状態がずっと続いており、だんだん給料と見合わない生活まで望むようになりました。

その時にやり始めたのがFXやバイナリーオプションといういわばギャンブルのようなインターネット上での取引で儲けるというのを知りました。

上司や知人に聞いて始めるもうまくいかずに、だんだん貯金にまで手を出して底を付きました。

底に尽きかけたときに、他に金儲けはないかと探しているうちによくある消費者金融の広告を見つけ、ちょっとならいいかもという気持ちで公式ホームページをのぞきにいきました。

やはりうまく書いてあるもので、返済にはよく考えて申込む旨は記載されていますが、10万程度ならすぐに返済できるだろうという気持ちからすぐに借りることにしました。

借金して困ったこと

すぐに10万を振り込んでもらえる便利さでもうちょっと追加で借りようかなんて思ってしまいましたが、そこは踏みとどまっておいてよかったと今は思います。

しかし、借りた当初は不安もありながら興奮状態だったと思います。

臨時収入のような感覚に陥り、しかも迅速な対応で即日には入金されることに圧倒され、気軽に申し込んでしまう人の気持ちも理解できました。

借金してから数日するとその10万は消えてしまいました。

そべて短期間で使いきってしまったんです。

欲やギャンブルは完全に理性を失ってしまいます。

その後も給料日までまだまだ日にちがあるのにも関わらず、あと数千円で生活をしないといけない状態になってしまい、これが負の連鎖だと思いました。

そのあと追加で借りようと思ったものの、他のクレジットやローンの方がまだ金利とか安いんじゃないかといろいろ考えはじめ、複数のクレジット会社からローンまで検索するようになりました。

その間にたどり着いたのがオリコのカードローンでした。

審査もすぐに通って、短期間で50万円を入金してくれました。

大金ですが、なんとか月々の返済ならできるだろうと安易な考えてローンを組んだものの、そこからレイクの返済にあて、残りは40万円となりました。

さすがにもうギャンブルはしないと決意するものの、そういう時に限って人が儲かった話を聞いてしまいます。

我慢している自分はまだできるはずなどと気持ちを高めて簡単にできるパチンコにもいくようになりました。

その40万は気づけば10万円にまで減っていてさすがにこれはやばいと思いました。

そして仕事が大工ということもあり、非常に不安定な時期でもありました。

サラリーマンとは違い、日当制だったので勤務に行かない場合は休日扱いになってその日の給料は0円です。

仕事がコンスタントにあるわけではないのでその借りてきたローンも生活に回さないといけない状況でもありました。

にも関わらず、返済額を含めると月に家賃やその他もろもろの出費はギリギリ寸前でした。

このままでは返済しつづけることができないと焦りもありますが、さすがに冷静になったときに恥ずかしくなるような使い方で人に相談できるような状況ではありませんでした。

給料も減っていく中で、要るはずのお金にまで手を出してしまい、返済できない状態までいきました。

返済に困ってどうしたのか?

月末になると引き落としで毎月15000円程度引かれていきます。

借りた月とその次の月はなんとかなったんですが、その次の月には少ない給料で生活費のほとんどを費やすため、返済できるお金がありませんでした。

さすがに滞納だけは避けたいという思いもありダメ元で信用している上司に相談しました。

怒られるのを覚悟で相談しましたが、上司にもそういう過去があり、逆に笑われる羽目になりました。

借りた金額が金額だけに、なんとかなると言って助けてもらうことができました。

どういった工夫をして返済していったか?(返済の途中であれば、今どうしているのか)

運が良かったといえばそこまでですが、結局金利のこともるので立て替えてもらうことができました。

今は上司に毎月返済していますが、金融会社やローン会社などから借りるよりはプレッシャー的な部分ではまだ楽です。

ゆっくり返してくれればいいというお声もいただき本当に相談してよかったと今では思います。

どうしても借金しないといけない状況であるのであればまた話は別ですが、借金を安易にしてしまおうと思っている人や、これから考えている人は一回冷静になるべきだと思いました。

ただ、借金がこわいとか、やめとけと言われても、どの程度のものなのか、恐怖とか不安とかというのは、借りた人にしかわからないものだと思いました。

こればかりは体験して、本当にどうなるかはそれぞれで違うと思います。

が、借りやすさから気軽に手を出してしまいがちになってしまいます。

借金をする前に覚えておくこと

借りて苦い経験をしたものだからこそ言えることもあります。

少し足りない、あとちょっとだけお金が欲しいなんていう気持ちで借りないことにしてください。

今の仕事が安定しているからといって、いつ収入がなくなるかも誰も知り得ないことです。

勤めているのであればなおさらです。

自分の意思や判断で仕事を決めることができません。

もし借金している最中に、「明日から来ないでくれ」なんて言われた場合、返済どころか給料さえなくなります。

返済は月に1回だから、返済額が少ないからという問題ではありません。

返済を長引かせると、その分多く払う必要がありますし、短期で返す方がメリットがありますが、その分期間は大金を返さないといけなくなり、人によっては生活に響くなってことにもなりかねません。

借金を考える前には必ず、本当に必要かどうか自分で自問自答して答えを出すべきだということを知ってもらいたいです。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す