こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

借金返済方法で困ったら知っておきたい対処のコツ!

借金返済方法で困ったら知っておきたい対処のコツ!

借金返済は順調にいっていれば何の問題もありません。

しかし、人生の中では急に借金返済をするのが難しくなることもありますし、自分のキャパシティを超えて借りてしまうこともあります。

「借金返済で困る」というのは案外身近な問題でもあるのです。

そこでこの記事では、借金返済で困った場合にどうすればいいのかという対処方法について紹介していきます。

問題解決のためにはいくつかコツがあるので、知っておいて損はないですよ。

1.借金返済がきつくてできない!返せないとどうなるの?

借金返済がきつくてできない!返せないとどうなるの?

借金返済ができないとなると、まずは督促状といって「借金の返済がされていないので、返済してください」という通知が届きます。

この段階で支払えるのであれば、そこまで問題はないのです。

しかし、この通知が届いてからも返済しない場合は、裁判を起こされてしまいます。

お金を借りたのが事実であれば、裁判を起こされた場合、必ず負けます。

すると、財産や給料の差し押さえになりますね。

一般的なのは給料の差し押さえになりますが、こうなると会社に借金をしていることがばれてしまいます。

借金返済がきついからといって、ずっと無視していても何の問題の解決にもなりません。

むしろ状況が悪化してしまうので、裁判を起こされる前に対処をする必要があります。

2.借金返済額を減らす方法!元金のみに減額も可能!

借金返済額を減らす方法!元金のみに減額も可能!

すでに借金を返済するのがきつい場合、借金額を減らす方法を選択したほうがいいでしょう。

返済額を減らす方法は、債務整理といいます。

債務整理で一番有名なのは、自己破産(借金額が0になる)ですが、それ以外の方法もあります。

結構多くの人が選択するのが「任意整理」というものです。

任意整理は元金のみの借金返済にすることができます。

利息を支払わなくてよくなる分、返済をするのが一気に楽になります。

普通に返済している場合、ほとんどが利息分で、元金がほとんど減っていないことが多いです。

そのため何年も返済に時間がかかってしまうのです。

でも、任意整理をすれば、返済をすれば確実に減っていくので、ずいぶん楽になります。

任意整理は個人でも行うことができますが、専門的な知識を必要とするため弁護士に頼むのが一般的です。

一般的ですが、いきなり弁護士に相談するってなんだかハードルが高いですよね。

それにどれくらい借金の返済が楽になるかもよく分からないというのも、相談しにくい理由の一つだと思います。

そんな場合には借金減額シミュレーターを使ってください。

借金減額シミュレーターであれば、いくつかの簡単な質問に答えることで、借金がいくらに減るのか知ることができます。

弁護士に相談する前に、使っておくといいですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

3.借金の踏み倒しは可能か?リスクやデメリットは何?

借金の踏み倒しは可能か?リスクやデメリットは何?

借金が返済できないとなると、まず頭に思い浮かんでしまうのが、踏み倒しです。

強引に踏み倒すことができれば、借金なんて関係なくなりますからね。

でも、借金の踏み倒しには相当なリスクやデメリットがあります。

まず返済できなければ、裁判になるので、これを回避する必要があります。

裁判を回避するためには、裁判に参加しなければそれで良しという単純なものではありません。

参加しなければ、あなたなしで裁判が進められて結局差し押さえになってしまいます。

なので、完全に行方をくらませる必要があります。

あなたの居場所が分からなければ、取立てができないというわけです。

ただそのためには、住民票の住所を変えずに引っ越す必要があります。

すると、住民票が使えなくなるわけですから、住所の公的な証明ができなくなるというわけです。

なので、様々な契約や就職などに影響がでてくるでしょう。

特にこれからはマイナンバー制度が始まるので、「住所が違うこと」のデメリットが大きくなると思います。

まともなところでは働けなくなるでしょう。

はっきり言って借金の踏み倒しはデメリットが大きいので、やめたほうがいいです。

それよりも債務整理で借金を減らして返済していくほうが現実的です。

とりあえずいくら借金が減るかだけでも確認してみるといいですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

4.借金返済を待ってもらうことはできない?延滞するとどうなる?

借金返済を待ってもらうことはできない?延滞するとどうなる?

消費者金融やカード会社に借金をしてもらう場合、ちょっと待って欲しいという時ってありますよね。

実は1回程度であれば、特に支払いが遅れても問題ありません。

こういうとさすがに問題があるかもしれませんが、延滞金を支払うことで特に大きな問題にはなりません。

ただ「返済されていないので、返済してください」という通知は届きますけどね。

その通知に次の引き落とし日や返済日が書かれているので、それまでに返済すれば大丈夫でしょう。

ただ問題となってくるのは、3回目以降です。

3回支払いが遅れると、ブラックリストといって、この人は借金をなかなか返さない人という印が付けられてしまいます。

こうなると、他のところでローンを組んだりクレジットカードを作るのが難しくなります。

それ以外の部分では特に日常生活に問題はありませんが、ちょっと不便になるという感じです。

ずっと返済しないと、裁判を起こされて、差し押さえになりますね。

財産や給料の差し押さえられて強制的に返済させられます。

そういった大きな問題になる前に、債務整理を選択するのが賢い選択と言えるでしょう。

とりあえずいくら借金が減るかだけでも知っておいて損はないですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

5.借金返済方法でフリーターや主婦が取れる最善の手段は?

借金返済方法でフリーターや主婦が取れる最善の手段は?

最近ではカードローンや消費者金融で、簡単にお金を借りることができるようになったので、フリーターや主婦などが借金の返済に困るということが多くなっています。

フリーターや主婦は収入が少ないので、ちょっとした事で返済できなくなりやすいですよね。

節約や収入増で返済することができれば、それがベストです。

でも、それでも返済することができなければ、債務整理を選択することになるでしょう。

債務整理は弁護士に相談して借金を減らすことができます。

これは家族に内緒で行うこともできるので、主婦でも安心してできます。

ただ債務整理の中で多くの人が選択する任意整理は収入があることが最低条件です。

というのも、任意整理後は元金の返済を行う必要があるので、一定の収入は必要です。

なので無職の場合は、行うことができません。

フリーターや主婦が取れるギリギリのラインといったところですね。

そんな任意整理をいきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこでまずは借金減額シミュレーターで借金がいくらになるのかチェックしてみるのがいいですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

6.借金返済で借り換えや一本化のデメリットやリスクとは?

借金返済で借り換えや一本化のデメリットやリスクとは?

借金を返済する時、借り換えや一本化することで返済を楽にするという方法があります。

確かに一本にまとめてしまうことで、金利が安くなりますので、少しは返済が楽になります。

しかし、借金の一本化はかなり審査が厳しいです。

金額が大きくなるので、それだけ審査は慎重になり、多くの人が審査に通らないという現状があります。

また、仮に審査が通って借金を一本化することができたとしても、さらに問題もあります。

一つにまとめる際に、他のところの返済を終えることができるので、なんだか借金を返済した気になってしまうのです。

すると、かなり油断します。

そして、つい新しく借金をして、以前よりも借金額が増えてしまうという人があとを絶ちません。

借り換えや一本化するときには、絶対に新しく借金をしないという決意が必要です。

その自信がない場合は、より状況が悪化しやすいので、やめておいたほうがいいでしょう。

返済を楽にしたいなら債務整理の方がおすすめです。

とりあえずいくら借金が減るかだけでも知っておいて損はないですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

7.借金返済で親や兄弟に借りることのリスクは?

借金返済で親や兄弟に借りることのリスクは?

借金の返済で困った時に唯一頼れるのが、親や兄弟などの肉親です。

親や兄弟に相談するのはかなり勇気がいりますが、もしお金を借りることができれば、借金をすべて返すことができます。

しかし、お金の問題はかなり繊細な問題です。

その後の家族関係にも影響してくるのは間違いないでしょう。

特に大きな問題になりやすいのが、借りたお金をスムーズに返すことができない場合です。

親や兄弟だとつい気が抜けて、返済が遅れがちになることがあります。

そうなると、たとえ肉親でも関係性はものすごく悪くなり、最悪絶縁されます。

近い関係だからこそ、縁を大事にするべきだと私は思います。

そういったわずらわしい問題を避けたければ、親や兄弟に借りるのは控えたほうがいいです。

債務整理であれば、そういったわずらわしい問題もなく、借金を減らすことができます。

任意整理であっても、程よい緊張感のもと返済することになるので、返済が遅れるということも起こりにくいですね。

スムーズに返済した場合は、債務整理を検討してみてください。

とりあえずいくら借金が減るかだけでも知っておいて損はないですよ。

>>とりあえず匿名・無料で使える借金減額シミュレーターを使ってみる

8.借金返済後にクレジットカードやローンを新しく組むことはできる?

借金返済後にクレジットカードやローンを新しく組むことはできる?

一度も延滞をしたことがなければ、全く問題なく新しいクレジットカードやローンを組むことはできます。

借金の返済がきつくて延滞しがちだった場合、ブラックリストに載ってしまい、クレジットカードやローンを組むのが難しくなっている場合があります。

延滞をした場合、最終取引から最大で5年間ブラックリストに載ります。

この期間を過ぎれば、ブラックリストから情報が消えるので、新しくクレジットカードやローンを組むことはできるでしょう。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す