こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

債務整理を家族に秘密や内緒でできる?注意点や影響は?

債務整理を家族に内緒でできる?

債務整理をする時に、家族がいる場合、その家族にばれないか心配ですよね。

もしばれて夫婦喧嘩をすることになったり、親から怒られたりすることになったら嫌ですもんね。

できれば内緒のまま借金をなくしたいと思う気持ちはよく分かります。

それで債務整理は、多くの場合、家族に内緒のまま債務整理を行うことができます。

自己破産レベルになるとさすがに難しいですが、多くの人が当てはまる任意整理であれば、内緒で行うことができます。

ただいきなり弁護士に債務整理の相談をするのは勇気がいりますよね。

そこでまずは借金返済額がいくらになるのか知っておきましょう。

>>弁護士に相談する前に借金返済額がいくらになるか調べてみるならこちら

匿名・無料で使えるのでぜひ使ってみてください。

 

ここからは債務整理を内緒でやる時のポイントや注意点について書いていきます。

0.債務整理を家族に内緒でできる?

債務整理を家族に内緒でできる?

債務整理は誰にも知られずに行うことができれば、何より助かるものはないでしょう。

「惨めさ」や「恥ずかしい思い」を自分の心の隅に追いやりたい気持ちになりますからね。

債務整理をする場合、債務金額の内容により家族に内緒で行うことができます。

〇任意整理の場合

任意整理の場合は、家族に内緒で行うことができます。

借金を整理する方法によく使われるのが「任意整理」です。

任意整理は、裁判所を通すことなく弁護士が直接相手側に、「将来の利息をカットした金額」を和解交渉して相手側に求めるものです。

ほとんどの金融機関で和解が成立するようですが、相手側が和解に応じない場合は強制力がないので、「任意整理」ができない場合もあります。

「任意整理」は、裁判所を通していない和解交渉なので、相手側が和解をしない限り成立しないものだと言うことも知っておいた方が良いでしょう。

和解をしない場合は裁判で決着する時もあります。

〇個人民事再生の場合

個人民事再生も「家族に内緒で行うことができる」ことがあるようですが、個人民事再生を行うには整理する人は個人でも同居している家族全員の書類を揃えなくてはいけません。

家族の給与証明書や他の書類を役所で取る為には委任状の作成をすることで書類を揃えなければなりませんので、隠すことができない問題になります。

委任状を取るにしても「家族の直筆で委任状の作成」をしなければいけないことと、「給与証明書」などを家族から取ってもらわなくてはいけないからです。

個人民事再生に実績がある弁護士さんを探して相談する時にお聞きください。
(別の方法があるかもしれませんが、通常家族に知られてしまうことが多いようです)

〇自己破産の場合

自己破産は財産の状態で変わりますので、家族に内緒で整理することが難しい場合があります。

☆持ち家を売却しなければいけない時がある為でこれがあると避けては通れないことになります。

〇過払い金請求

過払い金請求は家族に内緒で行うことができます。

基本的に個人だけの債務整理をする場合は、家族に内緒で行うことができますし、またそうする人が多いようですが、家族と共有しているもので自宅を処分するようなことになると内緒では済まされない重要なことになります。

弁護士には守秘義務がありますので、家族や会社に知られることがある場合の対処をしますが、裁判所を通す債務整理は郵送される書類などで知られる場合も考えられますので、弁護士とよく相談した上で行ってください、

>>弁護士に相談する前に借金がいくらになるか調べてみるならこちら

1.債務整理をすると家族にバレる?

債務整理をすると家族にバレる?

債務整理の中では「任意整理」「特別調停」「個人民事再生」「自己破産」があります。

消費者金融や信販会社・銀行などの借金で「任意整理」「特別調停」を行う場合、ほとんど家族には知られることなく債務整理をすることができます。

しかし、裁判所を通す「個人民事再生」「自己破産」などをする場合には、手続き上必要になる家族の直筆の署名が必要になる書類、(家計の家計収支・給与明細・年金などの振り込み明細・公共料金の引き落とし通帳他)があります。

自宅を所有している場合、自宅を処分しなければいけないことが発生することになると、自己破産の場合破産管財人が入るので家族に知られることになります。

このような事態にならなければ隠しながら債務整理を行うこともできるでしょうが、裁判所に提出するものに家族が用意する各証明書が必要になる為、隠すことが難しい場合も含まれます。

そこは家族に話をして理解してもらい、これからの生活を協力し合う家族の形を深めることが大切なのではないでしょうか。

変な表現になりますが、任意整理で処理できるような借金であれば内緒でできますが、裁判所に関わる債務整理は全てではないですが家族に知られると思った方が良いでしょう。

しかし、任意整理でも整理後に家族の保証人などにはなれない条件がつきますので、保証人が必要なもので「知られること」がありますので、債務整理後の方が注意しなければなりません。

>>弁護士に相談する前に借金がいくらになるか調べてみるならこちら

2.債務整理を家族に秘密に行うときの注意点は?

債務整理を家族に秘密に行うときの注意点は?

任意整理の場合は、弁護士から郵送される書類や連絡が主なので、弁護士と相談した上で行うことができます。

  • 弁護士から個人名で自宅へ連絡がある場合、何の付き合いの人か明確にしておく
  • 弁護士から個人名で送られてくる郵便物が何か明確にしておく
    (弁護士事務所で受け渡しする場合はいらない)
  • 債務整理後、保証人になれないので他の理由を考えなくてはいけない

基本的なことですが、大まかに言うと上記のようなことになるでしょう。

債務整理をすると5年は保証人になれませんので、かなり長い期間信用情報機関に登録されています。

お子さんの携帯電話の契約の際、分割購入ができないことも含まれます。
(本体を一括で購入すれば問題はありません)

お子さんが5年の期間内に奨学金の申し込みなどをする場合も、5年以上過ぎていなければ保証人になれないことも考えられます。

よく確認した上で行うことが大切になるでしょう。

3.債務整理をしたときの家族への影響は?

債務整理をしたときの家族への影響は?

債務整理の方法にもよりますが、一番家族に影響がでるのは自宅を手放すことになることです。

それ以外の債務整理で家族にかかる影響は、家族カードなどを本人が契約し保証しているようなこと以外では心配することはありません。

あくまで本人だけの問題ですので、家族に影響があるとするならば家族が連帯保証人になっていたりすると、連帯保証人に債務が移行するので影響が出ることになります。

住宅など購入する場合は、抵当権の設定や団体信用生命保険などの加入をすることで、本人だけで購入することができる場合がほとんどです。

しかし、もし何かの理由で奥さんが連帯保証人になっている場合は、ご主人が債務整理をした時には奥さんに請求が全て行くことになると言うことです。

〇連帯保証人になる時は、家族であっても返済ができる範囲で

何かを購入する場合は、家族の誰かが債務整理をすると連帯保証人になっていれば、そちらに全ての残金が請求されてしまうので返済できる範囲の連帯保証人は良いですが、それができないような大きい金額の連帯保証人は家族であってもしない方が良いことになります。
(このような問題で家族が離散する場合もあるので注意することが必要です)

4.債務整理をすると家族カードが使えなくなる?

債務整理をすると家族カードが使えなくなる?

債務整理をすることで家族カードに影響することがあります。

家族カードの主契約をしている人が任意整理をした場合と家族カードの保証人になっている場合、残念ながら家族もカードが使用できなくなります。

この場合に任意整理する時には、債務を整理するクレジットカードなどがある場合、弁護士にカードを渡して解約手続きをしてもらいますので、それに属する家族カードも使用できなくなります。

それ以外でしたら、家族カードに影響が出ることはありません。

問題は家族カード作る時に債務整理している人が契約している場合と、
保証人として契約している場合に出る問題ですので契約状況によって違うことになります。

5.債務整理をすると家族もローンを組めなくなる?

債務整理をすると家族もローンを組めなくなる?

もう一度、債務整理は家族であっても個人の問題になりますので家族全員がブラックなるわけではないですから、ローンの条件にあう収入の範囲であれば問題ありません。

ローンの審査は、家族各々の収入や支払い状況で審査されますので、家族の誰かが債務整理をしたからと言って家族はローンが組めなくなることはありません。

債務を整理した本人に影響がある「家族カード」のようなもの以外は、家族には影響するものではありません。
(債務整理した本人と紐づけられるものがなければよい)

但し、連帯保証人になれないことが条件ですので、保証人が必要になるローンは組めなくなることはありますので覚えておく方が良いでしょう。

家族の為に保証人になれなくて進路問題が起きたりするようなことがあれば、家族にも影響が出ることになります。

それ以外の問題はありませんので、家族がこのような事態が起きないように協力し合うことが大切な事です。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す