こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

自動車ローンの債務整理で車はどうなる?今後の購入は?

自動車ローンの債務整理で車はどうなる?今後の購入は?

お金がない状態ですと、自動車ローンの支払いも難しくなりますよね。

地域によっては車が必要不可欠の場合もありますから、今後車の扱いがどうなるのか心配する人も多いです。

そこでこの記事では自動車ローンがある状態で債務整理をした場合、車がどうなるのかと言うことについて詳しく解説していきます。

1.マイカーローンの債務整理について

マイカーローンの債務整理について

マイカーローンなどでも、ローンを組んで車を購入する際には、必ずその販売店の所有権が付けられてローンが完済するまでは、その車に販売会社の権利が付いている為に勝手に車を売ることもできません。

(完済した後で所有権の解除書類を受け取り、自分で名義変更の手続きをすることもできますが、車を乗り換え・売却・又は廃車にする場合でも、販売会社や引き取り会社がその手続きをしてくれます)

また、債務整理をする場合は所有権が付けられていますので、販売会社から車を没収されることになります。

所有者はローンを組んだ中古車販売会社になることも

マイカーローンは、銀行系・ディーラー系・信販系やファイナンス系の金融会社になどが受け付けています。

☆中古車販売会社などでは、信販系・ファイナンス系の金融会社と提携を組んで販売をしていますので、中古車であってもローンを組むことがあると思います。

このような中古車販売会社では、信販系・ファイナンス系の金融会社から委託を受けて販売しているので、ローンを組んだ場合は完済するまで販売会社の所有者名義になります。

今後ローン購入が難しくなる

信販系・ファイナンス系の会社では、独自に顧客情報を管理している所でもありますので、滞納などの支払い状況を絶えず確認しています。

債務整理をするとすぐに知られてしまうこともそうですが、その後のローン購入での利用が難しくなると言われています。

独自の番号で管理をされているので、車の与信を行う際に信販系やファイナンス系の担当者は、会社の管理事務へ連絡し端末番号を言ってから与信申込者の名前と生年月日を言うと、「滞納者・ブラック」に各当している人かすぐにわかるようになっています。

長期滞納・債務整理(ブラックリスト)に掲載されている人は記載が残されていますので、信用情報機関よりもかなりの年数を保持しています。

ですから、最低同じローン会社ではローンを組むことが難しくなるのが現状のようです。

2.債務整理をすると車はどうなる?引き上げられる?

債務整理をすると所有権がついている会社が車を没収されることもあります。

ローン返済中に債務整理をすると、所有権を持っている会社は債務を回収するために車を没収して売却することで残金に充当します。

車を売却した金額を充当しても残金額がある場合は、その残金に対して請求されることになりますので、車を没収された上に返済だけが残ることもあります。

○任意整理をする場合

任意整理は債務を選択することができますので、車のローンを選択しなければ車を没収されることはありませんから、そのまま返済を続けていくことができます。

○個人民事整理・自己破産の場合

個人民事整理の場合は、債務を選択することができませんので没収されることになります。

個人民事再生は、住宅ローンは残すことができますが、それ以外は自己破産のように借金の全てを整理しなければいけない整理方法です。

3.債務整理で車を残す方法は?

○個人民事再生で車を残すには、所有権が付いていないことと返済額の合計+査定が規定以下の場合

個人民事再生では、住宅ローン以外の借金は全て債務整理をしなければいけません。

そこに車のローンが残っていると、それも自動的に債務整理に入りますので車を残すことはできませんし、所有権がなくても車は財産として扱われるため債務整理の対象になります。

しかし、車を残すことができる条件をクリアすれば維持することは可能になります。

所有権がない車も債務整理の対象になりますが、個人民事再生で残すことができる財産は返済額以下でないと認められないです。

そのため個人民事再生後の返済額が100万円とすると、車の査定と他の財産を加えた合計が100万円以下でないと車を残すことができません。

★自己破産の場合も同じように没収されて車は売却され借金に充当されますが、車の査定額が20万円以下の場合は保有することが認められるので保有することができます。

4.債務整理後に車を購入することはできる?

債務整理をした後で車を現金で購入することはできますが、ローンを組んで購入する場合は最低5年以上ローンを組むことができませんので難しくなるでしょう。

一度債務整理をすると債務整理に課せられた期間は、信用情報機関に登録されることになります。

信用情報機関に登録されている情報を基にして金融会社は審査をします。

債務整理をしたことが信用情報機関に登録されていますので、審査の対象から外されてローン審査に通らなくなります。

○債務整理の期間が3年以上過ぎたあたりから条件付きで審査に通すところも・・

ほとんどのローン会社は、信用情報機関に登録をされていれば審査を通すことはないのですが、中には条件付きで審査を通すところもあるようです。

債務整理をしてから3年以上過ぎた頃にローン審査が通る場合もあるようです。

それには頭金などの条件も付いてくるようですが、連帯保証人を付けることでローン審査を通すところもあるようです。

当然、そこから返済が滞りなく完済すれば実績として残りますし、今後ローンが組みやすくなります。

どこの車の販売店でもローン審査が通ることではないので、車の販売店などにローンについて相談又は聞いてください。

金融規制の前では、債務整理をした人でも今の3年以上経過して何もなければ、同じく条件付きで連帯保証人を2名付けるなどして審査を通すこともあったようです。

しかし、今は借りる側にも多重債務化しないような取り組みをしていますので無理な審査で通すことはしていないようです。

5.債務整理後車をリースで手に入れられる?

基本的にリースとローンは同じと考えていた方が良いでしょう。

リースもローンと同じで、信用情報機関に照会して審査をします。

債務整理をすると信用情報機関に登録されていますので、審査に通らないことになります。

○リースとは

リースは、あらかじめ期間を決めて契約するもので、車の代金や諸経費と利息を含めた金額を期間内返済していく仕組みのものです。

車の残存価値を引いた上で貸し出すので、購入するよりも安く維持できるのが特徴です。

リースはよく会社などで使用する車で利用することが多く、支払総額は低く支払額に税金や保険料を含んでいますので、経費の節約ができるところが魅力になっています。

しかも新車でのリース契約なので、リース期間が終わればまた新しい車でリースすることも可能ですし、車は返却できるので廃車を考える心配もありません。

しかし、車を個人でリースして持つメリットとデメリットがあります。

◎メリット
  • ローンに比べて支払い負担がかなり少ない
  • 保険料・車の税金・車検費用は支払いに含まれます
  • 返却するので廃車などの心配がない
◎デメリット
  • 所有者はリース会社から消えることはない
  • 車を残すことができない
  • 車はリース会社へ返却するので残存価値がない
  • リースが終わったら返却しなければいけない(リース契約の延長はできます)

但し、残存価値分を一括で支払うことで車を買い取ることもできます。

維持費を安くしたい乗り換えを頻繁にしたい人にとっては、リースの方が安く済むことができるので利用する価値が高まるところです。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す