こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

キャッシングやカードローンを延滞や滞納するとどうなる?対策は?

キャッシングやカードローンを延滞や滞納するとどうなる?対策は?

キャッシングやカードローンを延滞してしまった場合、返済できるお金があれば、すぐに返済することで大きな問題にはなりません。

しかし、そのまま滞納し続けると、当然請求が届いたり、電話がかかってきたり、最悪の場合、裁判を起こされて強制的にお金を回収します。

そのため多くの人はこうなる前に、弁護士に相談をして借金の返済額を減らしています。

とはいっても、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いですよね。

そんなときにはまず借金減額シミュレーターで、弁護士に相談することで借金額がいくらになるのかを知るところから始めましょう。

返済額が分かれば、今後の見通しもつきやすいですからね。

>>とりあえず借金返済額がいくらになるか調べてみるならこちら

 

ここからは、「もしカードローンを滞納した場合はどうすれば良いか」、「信用情報に登録されるのはどういう時にされてしまうのか」などを説明していますので、滞納をしてしまった場合にはご参考にして下さい。

1.キャッシングの滞納した場合の利息について

キャッシングの滞納した場合の利息について

キャッシングの滞納をした場合、遅滞してからの利息は遅延損害金として計算されます。

遅延損害金は、最高で20%の利息の範囲内であれば自由に設定できるので、ほとんどの金融会社は20%で設定しているところが多いようです。

遅延損害金は、支払い期日から数える日割りで計算されます。

「借入残高×遅延損害金20%÷365×遅延した日=遅延利息」となります。

例10万円を30日遅延した場合
10万円×20%÷365×30=¥1,643が遅延利息となります

遅延利息は、毎月の支払いに加えて支払うことになっています。

2.キャッシングを延滞すると信用情報が傷つきブラックリストに載る?

キャッシングを延滞すると信用情報が傷つきブラックリストに載る?

キャッシングも3ヶ月以上滞納してしまうと、信用情報に「異動」という名前がつけられます。
(遅延があるという意味になりますが、ブラックリストと呼ぶ人もいます)

記載されたものは、完済されるまで支払い状況に載ることになりますので、借入する時には制限がかかる恐れがあります。

通常、ブラックリストと呼ばれるものは、債務整理をした人につく「事故情報」のことをいいますが、「異動」という名前も滞納がある人だという記載事項なので、ある意味ブラックだと言うことになります。

記載されると5年間は個人支払情報として残ります。

〇異動は遅延で記載されますが債務整理とは違う形での記載事項です

「異動」がついていても、支払い状況は完了するまで管理されていますので、それ以上の延滞がなく毎月の引き落しが行われていれば問題が起こることはありません。

完済して新たに借り入れる際の審査では考慮されることが多いのも事実です。

しかし、債務整理では同じ5年の期間の記載登録でも、必ず5年以上過ぎないと借りることができません。

〇「異動」は債務整理の意味ではありません

「任意整理」など、裁判所を通さず交渉が成立した場合に記載されることと、「異動」がついて5年記載される場合とでは審査にも大きく違いがあります。

「異動」は確かに良いことではありませんが、毎月の支払いさえできていれば、審査対象にはなっていてもまだ審査は通りやすいのです。

「異動」は何度も言うように債務整理ではありませんので、個人の支払い状況が「遅延していますよ」「遅延していましたよ」という経歴です。

法律に基づいた債務整理を行って金利を見直ししたわけでもありませんので、ブラックとして呼ぶにはどうかと思いますが、審査に違いがあることだけは知っておいた方が良いでしょう。
(借入先の銀行や信販会社・ネット銀行・消費者金融の審査の取り方で変わります)

3.カードローンの延滞期間について

カードローンの延滞期間について

カードローンも延滞期間が3ヶ月以上過ぎて支払いが確認できないと信用情報機関へ登録されることになります。

厳密には61日以上ですので、2ヶ月以上延滞すると登録されることもあるのです。
(61日以上又は3ヶ月以上遅滞)

キャッシング・ カードローンも延滞期間が 1ヶ月の場合は、翌月に再振りされるか再引き落とし日が設定されてその期日に引き落としされます。

キャッシング・ カードローンも同じように延滞期間が3ヶ月以上になる時は、
滞納と判断されますので信用情報機関に登録されることになります。

キャッシング・カードローンともに利用停止になり、利用可能額があっても利用できなくなります。

キャッシング・カードローンともに連絡をしないで放置していると、利用停止からカードの強制解約をさせられますので、返済をすることだけが残ってしまうので注意しなければなりません。

>>試しに借金返済額がいくらになるか調べてみるならこちら

4.キャッシングを延滞した場合の電話について

キャッシングを延滞した場合の電話について

キャッシングも1ヶ月ほど延滞した場合でも、担当者から支払い状況の連絡があり注意を促されます。

  • 2ヶ月以上になると、キャッシングの利用が出来なくなる
  • 3ヶ月以上になると完全利用停止の上に、強制解約をする旨の注意
  • 支払ができない時は必ず連絡をする

上記のようなことを注意されます。

延滞時の連絡は、支払いが遅れた理由が何かを聞く事が目的なので、延滞理由が「入金を忘れた」「会社からの給与が遅れた」「急病やケガで入院してその分を支払った」など、中には特別な理由などが含まれている場合を考えて、そのような場合の猶予手続きや注意をするための連絡が延滞連絡に多い内容です。

5.キャッシングの滞納した場合の裁判について

キャッシングの滞納した場合の裁判について

キャッシングの滞納が長期にわたって返済のない場合や連絡・訪問をしても対応がない時などは、裁判所による支払督促を出して一括請求を受けることになります。

これに異議のある場合は、異議申立書を裁判所へ返送することで裁判となります。

予告通知に従って裁判や差し押さえの準備に取り掛かり、裁判所から支払いが認められると給与や預金口座が差し押さえられて返済金額に充当されます。

それでも、不足している場合は毎月の給与から4分の1が差し押さえられて残金に充当されることになります。

他にも金銭に換金できるものがあれば、それも差し押さえられて残金に充当されますので注意してください。

裁判所からくる督促通知請求は一括請求できますので、それができない場合分割払いにすることもできるように、返信書類の異議申立書に記載されています。

それに記入することで後日裁判所から出廷日が送られてくるので、裁判所へ行くことになりますが、そこの別室で和解交渉をして和解が成立すれば、両者の和解調書に記載されて裁判にならずに終了します。

和解調書に基づいた支払いを決められた日から返済していくことになります。

弁護士に依頼することもできますが、依頼費用もかかるので相談してから決めることもできますが、督促通知書が到達した日から2週間以内に返送しなければいけませんので、それまでに弁護士に相談するようにしてください。

裁判所へ返送が遅れるとそのまま認められることになりますので、必ず返送期限だけは確認しておいた方が良いでしょう。

>>弁護士に相談する前に借金返済額がいくらになるか調べてみるならこちら

6.消費者金融では、長期滞納や多重債務を防ぐために連絡を早くすることで注意を促す

消費者金融では、長期滞納や多重債務を防ぐために連絡を早くすることで注意を促す

●アイフル・プロミスは、遅滞した時の連絡は早く対応し過剰なところも?

法律改正前は、上記の消費者金融の連絡・訪問は過剰な行為で頻繁にかかるようでしたが、法律改正後は、連絡する頻度や対応が変わったようですが、どこまで変わったのか知ることができませんので、ある程度の過剰さは残っているのかもしれません。

●アコム・レイク・モビットなども連絡が早いが冷静

上記の消費者金融も対応が早いのですが、連絡などの対応は法律改正前と同じようだと、法律事務所の関係者から聞くことがありました。

法律改正前から、冷静に対応しているところがこの大手消費者金融といえます。

こんなに返済の必要がない借金があったなんて・・・

実はカードローンやクレジットカードの借金は合法的に減らせるって知っていましたか?

いくら借金が減るかは人によって違いますが、ある借金減額診断ツールを使えば数分で分かります。

私が

「借金が少しでも減ればラッキーだし、無料で匿名だし、試しに使ってみようかな」

と思い、軽い気持ちで使ったところ

300万円の借金を80万円に減らせました!

あなたの借金はいくら減るんでしょうね?

>>とりあえず匿名・無料で借金がどれくらい減るか調べてみる

複数の借金がある場合は高確率で減っているみたいです。

コメントを残す